辻義塾

― 放課後等デイサービス ―


「放課後等デイサービス」って知っていますか?

辻義塾は、「塾」という名の付いた「放課後等デイサービス」です。放課後等デイサービスとは、発達障害・身体障害・知的障害・難病・情緒による不登校(引き籠り)などの悩みを抱える学童(小中高生)が、学校の授業終了後や長期休暇中などに通う施設のこと。

養護学校・特別支援級に在籍してる事はもとより、療育(障害)手帳・診断書などをもたない「普通学校通常級の児童」でも医師の【意見書】などをもとに使う事の出来る在学児童の為のサービスです。

学校や家庭とは異なる時間、空間、人、体験等を通じて、個々の子どもの状況に応じた発達支援を行うことにより、子どもの最善の利益の保障と健全な育成を図るものです。
※放デイ(ホウデイ)=放課後等デイサービス

※辻義塾は児童福祉法を厳守した上で「一般的にイメージされた放課後等デイサービス」ではなく、辻義塾独自の「個性を重視した社会性」を目標に全職員が日々挑戦し続け運営しています。
その為、保護者様の柔軟な理解と多くの協力が不可欠となります。これを踏まえたうえで生徒本人はもとより家族内での調整と協力をお願い申し上げます。

»放課後等デイサービスとは?
»草津市内の放デイ施設一覧
»発達障害・支援学級とは?
»高校入学・通学が困難な方へ

橋岡教室 野村教室

施設利用について

放課後等デイサービスは、障害児給付(自立支援給付)対象事業なので利用料の9割を受給者証を取得することで補うことが可能です。公費を受ける利用登録(受給者証発行)には、世帯年収の証明や療育手帳、診断書又は意見書などが必要になります。

登録方法や利用料金、日々のスケジュールやカリキュラムについては教室にて見学や体験が出来ます。教室又はご自宅に伺いご相談も可能です。お気軽にお問い合わせください。
原則辻義塾を使える期間は在学中の18歳までに定められています。高度成長期の生徒さんの1日がどれ程重要かを踏まえ、進路や現在必要な支援に関して早急な判断と行動を合わせてお願いいたします。

»スケジュール・カリキュラム
»安全管理について
»利用料金について
»ご利用までの流れ

うどんづくり PC掃除、組立

辻義塾について

辻義塾は、共学が苦手であったり、自立した生活が難しい、情緒障がいや知的障がいをもつ小学生から高校生を主対象とした進学や社会(家庭内活動)へ向けてのスキルアップをサポートする医療・教育・療育の特色をあわせ持った施設です。

辻義塾は、年齢や学年にあったクラス・カリキュラム分けを行ったうえで「定期的かつ計画的なサービスにより結果を重視する」放デイであり、同年代の子ども同士の交流と実践的なサービスで子供のこころや身体、社会性の成長を目指しています。

»私たちの想い
»施設概要
»スタッフ紹介

最高の笑顔 ブログ作成

相談・連携・進学実績

当社福祉サービスの指定特定相談支援事業及び指定障害児相談支援事業クロスロードを併用することで放課後等デイサービスに限らず、様々なサービスプランを提案させていただけます。
当社サービス利用には医療連携、関係機関連携、家庭連携の全てを必須とさせて頂いております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

進学通学実績
綾羽高等学校週末コース(土曜通学コース)

ヴォーリズ学園 近江兄弟社(全日単位制)
滋賀県立大津清陵高等学校(固定曜日通信)
聖パウロ学園 光泉光泉中学校・高等学校
角川ドワンゴ学園N高等学校(広域通信制)
滋賀県立北大津高等学校(全日一般普通/特進)
滋賀県立甲南高等養護学校(農業・福祉)、滋賀大教育学部付属特別支援学校(中等部・高等部)、草津養護学校(中等部・高等部) 、野洲養護学校(高等部)
松原中学校、草津中学校、栗東西中学校、老上中学校、瀬田中学校、笠縫小学校、笠縫東小学校、老上小学校 、瀬田小学校、志津小学校、高穂中学校、守山小学校、守山中学校

»アクセス
»求人情報

高め合う気持ち 珪藻土壁ぬり